注目キーワード

疲労回復・免疫力UP・筋肉を柔らかくする必殺習慣

今回お伝えする健康習慣は

『水シャワー』

です。

僕自身も毎日していますが、

主な目的としては、
肉体的、精神的ストレスに対して受け止める(受け流せる)幅を広げるためにしています。

交感神経、副交感神経のリミッターを外して、免疫機能を上げて病気はもちろん、想定外のストレスにも自律神経が揺るがないために、この1つの手段として冷水シャワーで普段からストレスをかけて自律神経の鍛錬をしています。

心臓が縮むくらいのストレスをかけてそこから開放させる。
これでどんなストレスにも対応出来ると信じてしています!笑
この時期にやるのがまたストレス増です!笑

体温も必然的に調子良いですよ!
って話です!
他にも体調は良いことばかりです!
カラダは軽いし、足はスッキリするし、温かいし、朝も起きやすいし、寝るときも薄着で寝れるけど朝になっても寒くないし、疲れも取れやすいし、筋肉のハリや痛みも楽ですし、気持ちも楽ですし…

やってるときは苦痛しかありませんが、後の快感が癖になっていきます。笑

 

水シャワー(交代浴)の効果

①血行を良くする効果

ただお風呂に入るだけでも十分血行は良くなりますが、熱いお風呂と冷たい水、交互に入ることでさらに血行が良くなるんです。

まず熱いお風呂に入ると、血管が拡張します。これは体温を外に逃がそうとするためです。そして次に冷たい水を浴びると、今度は身体から熱を逃がすまいとして、血管が収縮します。

血管の拡張と収縮を繰り返すことで、それがポンプのような働きとなって、血流を良くしてくれる効果があるのです。

②冷え性やむくみの改善にも

血行が良くなれば、当然体温も上がってきますし、全身の巡りが良くなります。女性に多い冷え性やむくみなどの改善にもつながります。

冷え性の方は、ただ湯船につかるよりも冷たい水も間に取り入れた方が、さらに血行を促進して身体が温まりますよ。

③血行不良からくる肩こりや腰痛の改善

肩こりに悩まされている女性は多いでしょう。姿勢の悪さなど原因は色々あるものの、血行が悪くて筋肉が冷えていることもその一つです。

温冷交代浴で血行を促進することで、冷えや血行不良からくる肩こりなど身体の不調を改善する効果が期待できます。

④巡りを良くして疲労回復効果

身体の巡りが良い人は疲れにくいのですが、それは老廃物など体にとって不要なものがすぐに排出されるからです。

温冷交代浴をすると血行が良くなるので、老廃物などの排出も早くなるんですね。

身体の巡りが良くなることで疲労物質をスムーズに取り除くことが出来るので、疲れも取れやすくなります。

⑤自律神経のバランスを整える

温かいお風呂に入ると自律神経の副交感神経が優位になってリラックスします。逆に冷たい水にはいると交感神経が刺激されて身体が興奮状態になります。

ストレスや疲労で自律神経のバランスが乱れてしまっている人は、どちらかが活発になりすぎてうまく切り替えが出来なくなっています。

温冷交代浴によって強制的に自律神経を切り替えることで、どちらの働きも良くすることが出来、バランスがとれるようになるのです。

自律神経のバランスとホルモンバランスは密接な関わりがあるので、同時に女性ホルモンの乱れも整える働きが期待できますよ。

 ⑥寝つきが良くなりぐっすり眠れる

自律神経と睡眠は非常に関係が深く、自律神経のバランスが乱れていると寝つきが悪くなったり、眠りが浅くなったりします。

温冷交代浴で自律神経を刺激することで身体のリズムが整ってくるので、自然と夜はぐっすり眠れるようになり、朝の目覚めも良くなります。

体内時計のリズムが整うと疲労も回復しやすくなり、身体が軽くなりますよ。

⑦代謝を良くしてダイエット効果

血行が良くなると体温が上がるので、冷え性を改善するだけでなく、基礎代謝量をアップする効果も期待できます。

代謝が良くなれば消費カロリーが増えますから、痩せやすい身体を作るというダイエット効果が得られるでしょう。

⑧湯冷めしにくくなる

冷え性の人はせっかくお風呂に入ってもすぐにまた手足が冷たくなってしまう、という場合が多いと思います。

それは、お風呂で温まったままの状態で浴室から出てくると、血管がまだ広がっているために身体の熱が放出され続けているからです。ですから、手足の先からどんどん冷えてきてしまうのです。

そんな時こそ温冷交代浴が役に立つんです。

温冷交代浴は最後に「水」で締めて終わります。そうすると毛穴は閉じ、血管も収縮した状態になっていますよね。

しかし身体は芯から温まっていてぽかぽかの状態です。熱を放出しづらい状態になっているので、その熱をしっかり身体の中に閉じ込めておけるというわけです。

水を浴びることで一時的に身体の表面は冷えますが、身体の中がしっかり温まっているので、徐々に手足も温まってきます。

また、毛穴が閉じているため、夏はお風呂上がりでも汗が出にくい、という効果もあります。

⑨肌の張りもアップする

温冷交代浴は美容への効果も期待できるです。それはやはり、血行が改善されるからです。

肌のくすみやたるみは血行不良や冷えとも関連しています。身体と同じ、顔も冷えていると肌に必要な栄養素や酸素がきちんと運ばれてきません。

それによって新陳代謝が悪くなって新しい肌が作られにくくなったり、肌がくすんだりするのです。

温冷交代浴で血行を促進すれば、血色も良くなって肌がワントーン明るくなり、また温冷の刺激によって毛穴を引き締める効果も期待できるので肌の張りもアップするでしょう。

温冷の刺激はアドレナリンなどのホルモンを分泌するので、ストレスの緩和にもつながります。

お風呂でストレスを軽減できることも肌によい理由の一つです。

⑩免疫力の向上

温冷の刺激によって、コルチゾールやアドレナリンというホルモンが分泌されることが分かっています。

これらのホルモンは抗ストレスホルモンと呼ばれ、ストレスへの抵抗力を高める他、

意欲を高める

やる気を起こさせる

という働きもあります。

ストレスに対抗する力がつくことと体温を上げること、この2つが免疫力の向上につながると考えられています。

⑪アレルギー症状の緩和

花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状は、免疫システムの過剰反応です。

温冷交代浴で自律神経のバランスを取ることで免疫システムを正常化させ、これらのアレルギー症状を緩和する効果が期待できます。

時間がかかりますが、アレルギー体質の方は温冷交代浴で徐々に体質改善していくことをおすすめします。

また、アトピーなど皮膚の疾患をお持ちの方は、身体が温まるとかゆみが増したりしますよね。

そんな時に、交代で冷たい水を浴びることで、肌の表面を冷やすことが出来るので、かゆみを抑える効果も期待できます。

スポーツのパフォーマンスを上げることが出来る

温冷交代浴は、疲労を回復させるだけでなく、スポーツのパフォーマンスを向上させる効果も期待されています。

オーストラリア国立スポーツ研究所の実験によると、温冷交代浴によって筋肉痛を緩和したり、ケガの予防など筋肉の回復をサポートする働きがあることが分かった、ということです。

 

水シャワーの方法

前提としてカラダはしっかり温めておきます。

冷水シャワー
⬇⬇⬇
【時間】
Level①30秒
Level②60秒
Level③60秒以上

【部位】
Level①膝下
Level②お腹から下
Level③頭から

上はあくまで目安です。
1点集中はオススメしませんので、下に下ろしたり動かしながらが良いと思います!

その後温めての繰り返しです。

僕は湯船にためてるときは入って温めるし、ためてないときはシャワーで温めます。

これを体調によってLevelを選択しながら3セットくらいいきます!(初めは1セットが限界でした。)

どちらで終わっても良いと思いますが、冷水で終わるのがオススメです!
出たあと、かなり温かいです。

>スポーツ選手・保護者用動画教材

スポーツ選手・保護者用動画教材

家に居ながら身体やスポーツのことについて携帯1つあれば簡単に学ぶことが出来る。ストレッチ・トレーニング・栄養・マインドフルネス・親子ヨガ・などこどもと保護者が一緒に学べる新しいカタチをSTARTします‼

CTR IMG