注目キーワード

【有料note】トレーニングができないときの体力・筋力がどのくらい低下するのか?その対処法も!

6月になり、スポーツ選手は徐々に部活動もSTARTしてきましたね。

働く皆さんも徐々に日常に戻ってきているのではないでしょうか??

noteではスポーツ選手とその選手を支える保護者の方にとって有益な情報を簡単に分かりやすくお伝えしていきます!

 

 

⭐現在、スポーツをする”こども”や健康に意識を向けた”おとな”の方々へオンラインサロンを運営STARTしました!

お試しで無料でオンライントレーニングも受けられます!

有料noteも無料で公開しています。
 

画像15

 

 

 

 

今回のコロナで意識が高まってきた

『健康』

免疫力を高めることも大切です。
そのためには運動も大事なキーになります。

 

まぁスポーツ選手はそもそものパフォーマンスの低下が気になりますよね…

 

では、

実際にこうして運動が出来なくなったときor頻度や強度が減ったとき、身体の中でどういう変化が起きるのかまとめてみました。

 

 

今回は、
『体力(持久力)と筋力』についてです。

では、START

 

 

目次

  1. 体力は落ちるのか??
  2. 運動不足による体力低下を防ぐトレーニングの設定方法
  3. では、体力(持久力)を上げるためには、どんなトレーニングがオススメなのか?
  4. では、筋力は落ちるのか?
  5. 筋肉を筋トレ以外で増やす方法
  6. 運動不足からくる筋力低下を防止する方法
  7. 静的ストレッチはパフォーマンスが下がる?
  8. ストレッチの持続効果
  9. ストレッチの回数と頻度
  10. 筋トレに◯◯を足すと効果も上がる
  11. 筋トレの回数設定の方法
  12. トレーニング後の栄養補給のゴールデンタイムはトレーニング後30分以内⁉
  13. トレーニング後はタンパク質補給だけでは不十分
  14. ではどれくらいのタンパク質をとれば良いの?
  15. まとめ

 

 

体力は落ちるのか??

結論は落ちます。(T_T)

持久力は1〜2週間から低下し始める。-2



3週間で有酸素運動にかかわる重要な指標である「LT」「VO2max」「毛細血管密度」などが軒並み大幅に低下する。


無酸素運動系の体力は比較的長期間維持できるが、

有酸素運動能力については、

「週5日間の有酸素系の練習を2日に減らしただけで体力は顕著に低下する」との研究結果もある。


またVO2maxの70%以下、いわゆるキツイ練習(100%)でない強度なら、

・有酸素運動容量
・疲労困憊するまでの時間
・心臓のサイズ

が低下し、有酸素運動の体力が低下する。

持久力の低下は1〜2週間から始まる。

 

普段トレーニングをしていない人(非鍛錬者)より、トレーニングをしている人(鍛錬者)の方が落ち幅は大きい。

普段からトレーニングや部活動で頑張っている人ほど、体力(持久力)は落ちやすい!!

  

 

では…

体力を維持するためには、何を意識してトレーニングをするのが良いのか?

◯ 毎日すること?
◯ 1回のトレーニング時間を伸ばすこと?
◯ キツイ練習をすること?

運動不足による体力低下を防ぐトレーニングの設定方法

持久力は1〜2週間から低下し始める。-4

続きはコチラ

https://note.com/ito_naoya/n/nd5f5e518089c

>スポーツ選手・保護者用動画教材

スポーツ選手・保護者用動画教材

家に居ながら身体やスポーツのことについて携帯1つあれば簡単に学ぶことが出来る。只今、90以上の項目から自分の身体をチェックできる動画サイト【Gステップ】を無料公開中

CTR IMG